物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2012年7月26日木曜日

尾白川渓谷を訪ねて

尾白川渓谷を訪ねる。
 来客の友人と山梨県の白州道の駅から甲斐駒ケ岳の懐をめざし走り、名水公園の前を通りぬけると自然と駐車場にたどり着くと教えられ渓谷入口に向かう。多少迷い道をしての到着である。
わがペンションからは1時間弱であろうか。

渓谷入口


 吊り橋を渡り左に折れると渓谷沿いの道に入り、渓谷めぐりのコースにたどり着く。夏休みに入り子供達がつり橋下の川沿いではしゃぐ声を耳にしつつ、急な上り下りを繰り返す。この渓谷沿いの道はかなりアップダウンが厳しい。途中、引き返してきたグループは「私たちの足に負えない」と15分ほど登って下りてきた。私達も厳しいなーーー、と思いつつ約1時間強ほど進む。
渓谷の水は冷たく、名水といわれるように澄み切り、汗かく体には冷たい風と水しぶきが心地よい。我々の当初計画は最後の不動滝手前から尾根道をたどり周遊するコースを計画した。しかし、友人が足の関節部を以前痛め、無理がしにくいこともあり、予想以上にきつい上り下りの道から中間地点辺りから尾根道に入り下山するコースを取った。
今日は全国的に暑い一日、その時回ったコースの渓谷の一部で暑さをしのいで頂こうと掲載した。

 夏は渓谷めぐりもよし。ここ尾白川渓谷は我が家から1時間弱である。朝おにぎりを作り、10時すぎに到着、ゆっくり歩きながら時折川のそばまで下りて、水を楽しみながら幾つかの滝を眺め散策するコースは木漏れ日の中のアップダウンで、足腰に負担はあるが涼しく気持ちの良い渓谷散策の道である。我々中間から尾根道に入り引き返したが、河原で取る昼食はマイナスイオンを浴び心地よい一時である。渓谷ではまだがるセミが鳴き、渓谷の水音にセミの声がしみとおり、木漏れ日が揺れ冷たい風音が時を忘れさせてくれる場所である。
 

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

kondoです!ご無沙汰しています。
今朝、朝日新聞を読んでいて「あれっ?堀江常務に似てはるなぁ」と記事を読み進めていくとまさにご本人でした。そちらの涼しそうな風景をいつも拝見してはうらやましく感じています(関西は例年通り猛暑が続いています)
我が家の2匹の猫は1階でぐったりですよ(苦笑)
いつかそちらに遊びに行けることを祈っているのですが、、、もうしばらくかかりそうです(涙)

佐藤 さんのコメント...

はじめまして。
今朝の朝日新聞で拝見し興味を持ちネットで検索してたどり着きました。
私たち夫婦の夢を実現されており、今度是非お伺いしたいと思っております!

舘 さんのコメント...

堀江さん、全国版に紹介されるなんてすごいですね。
今日、サンライスさんに教えてもらって、さっそく朝日新聞買ってきました。
これから商売忙しくなりそうですね。
頑張ってください。

gontakuro さんのコメント...

kondouさん。お元気で何よりです。新聞のように頑張っております。いつか是非お越しください。

佐藤さん。なかなか大変ですが、体が動くうちはと頑張っております。自然は健康の源でもあります。是非、いつかお会いできればと思います。

舘さん。年寄りの冷や水と冷やかされそうですが、体を動かすことが健康の源と取材を受けました。私は初回だけですが、明日からペンションの開業についてなど4回シリーズの記事です。