物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2019年10月15日火曜日

八ケ岳山麓を照らす夕日


 台風の後の八ケ岳・・・
何事もなかったように夕日が八ヶ岳高原を照らす。広い高原、写真は原村から諏訪湖の方面に広がる農地である。お米の収穫は終わり、裾野ではセロリーのビニールハウスが見られる。夕陽は八ヶ岳連峰とは反対に落ちる。そのため山は赤く染まり、時に雲が美しい背景を描く。秋たけなわの高原は早くも冷たい風を諏訪湖方面から吹き上げ、太陽が落ちると急に気温が下がる。10月14日台風が過ぎ去り、穏やかな晴れた一日の夕方である。




















2019年10月14日月曜日

台風の後、高原は晴天だが

 雨の被害が大きい19号・・
翌日は晴天であるが、一日1000ミリの雨は初めて聞く。八ヶ岳高原麓も避難勧告が出たが、大きな川がなく殆ど被害はなかった。翌日の朝は晴天空気も澄み台風の足跡を感じさせない。この空のあちこちで大きな被害が出ているのも感じさせない今朝の空。これ以上の被害が出ないことを祈りながら、富士山をみた。
自然はこの美しい景色とともに猛威も持っている。人間の傲慢さを知らされているようだ。美しい自然に感謝しながら今一度今の文明を見直そう。












2019年10月10日木曜日

あと二月になりしか

 早いもので、今年もあと二月である。
強い台風が嵐のシーズンも終わりかというのにやってくる。地球が病んでいるとしか思えないこの頃。自然が多い八ヶ岳の麓にいると何となく落ち葉や紅葉を見て今年の秋は早いとか遅いとか、色が悪いとかきれいとか・・・会う人々の会話に出る。庭には日ごと落ち葉が増えるが強い風の後は自然の猛威に耐えてくれた木々に感謝しながら掃除する。今回の猛威はどのように爪痕を残すのであろうか。不安がつのる。何事もなければあと二月で新しい年を迎える。