物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2013年11月8日金曜日

八ヶ岳も薄ら冠雪、晩秋を・・・・


 深い色と落葉が秋の終わりを告げ始める。
昨日は一日雨、今朝は零下2度、八ヶ岳も白く化粧をし始めた。今朝は冷え、空気は澄み、木々は雨で洗われ素晴らしい秋深い景観を用意してくれた。いつも眺める景観であるが、やはり色合い、木々の形ち、陰、流れる風・・・と表情はまた違う。日中は少し暖かく、美しい色合いに惹かれるように散歩す人々も少し多い。
公園は作業員が落ち葉を吹き集め、あちらこちらに落ち葉の山が出来ている。それを大きな袋に入れ軽トラに積んで保管する。集められた落ち葉は発酵し次の木々を育てる腐葉土になり、新たな勢いと命を与えるのであろう。

山は薄雪である。
 この池、名前は「まるやち湖」という。真冬になるとここは凍る。以前は氷も分厚くスケートもできたという。今は薄く氷の上は侵入禁止である。温暖化の影響で氷も薄い。今は秋の色を湖面に描いている。


 吹き飛ばされる枯葉が舞う。
大量の枯葉はブロワーで吹き飛ばされ、数ケ所に集められる。それを大きな袋に入れ、公園端でしばらく保管され、腐葉土を作るのであろう。



時に湖面を忘れるが、湖面にも秋が描がかれる。    やさしい風が湖面の秋を微妙に揺らし、深い別の秋を見る人に与える。小さな秋はあちらこちらにある。

八ヶ岳の山裾でも都会の一角を感じさせる景観がここにある。
 この景色を観に来る人は少ない。住む人には幸いでもあるが、少し贅沢かもしれぬ。
 ここでは静かな深い秋を感じる事が出来る。そのような一時が私は好きだ。ゆっくりした時間を過ごしたい方に、是非お勧めである。
 日本人は公園でもっと時間を費やし、人生を楽しんでよいのではと時思う。

4 件のコメント:

舘 さんのコメント...

今日、大阪に帰ってきました。
で、途中、妻がスーパーで買い物してるとき、
書店で時間つぶしに雑誌を見ていて、堀江さんが載っているのを発見しました。
「田舎暮らし」のトップに載ってるご夫婦の写真、どこかで見た顔だなと思ってよく見たら、なんと堀江さんじゃないですか。
またまた有名になって、しばらくはペンションも忙しくなりそうですね。

gontakuro さんのコメント...

舘さん。いやーーー。お恥ずかしい。さすが本好きの舘さん、見つけられましたね。

取材依頼が先月あり、つい受けてしまいました。家内は都会派ですから取材反対でしたが・・・。本音で言ってもいいということで。

編集者が本の趣旨に沿い意図するところと異なるのは分かっていたのですが。この本はかなり限定された対象とペンションのことをあまり書かない条件で受けました。
そんなことで、周りにもこの事は知らせておりませんでした。いずれわかるでしょうが。

ペンション業もこちらで対応できるペースで受けることにしており、今年は11月から来年の春まで休暇に入りました。

今度は大阪滞在いつまでいらっしゃる予定ですか。私は12月に大阪に行きます。

舘 さんのコメント...

gontakuroさん、おはようございます。
大阪には今月いっぱいの予定です。すれ違いになりますね。
心配なので、ちょっと早いけど水抜きもしてきました。

「田舎暮らしの本」、最近はあまり手に取ることもなかったのですが、たまたま12月号が出たばかりで、目立ったので、何気なく手に取ってみました。偶然でした。

ぼくも昔、「ほしいリゾート」の取材を受けたことがありますが、登載された本が書店に山積みされていても、ぼくの周囲、誰も気づきませんでした。
本当に狭いジャンルなんですよね。

gontakuro さんのコメント...

舘さん。水抜きして正解ですね。今夜は我が家の辺りの予報は零下8度です。全ての防止帯のコンセント入れました。
それにしても少し早いですね。

田舎暮らしの本、本当に限られた読者の本ですね。私の周りでも誰も知りません。私にとっては幸いですが。