物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2011年1月23日日曜日

零下が続く日々

全国的に寒い冬。ペンションも使わないと部屋の中も零下で凍る。 今年は全国的に寒い日々が続く。原村は雪は少ないが寒い日が続き、ペンションの中も使っていないと、写真のように部屋の中の花瓶の水も氷となっている。 夜、コーヒー入れ終え処理を忘れた綿の布も、暖房していない部屋では、ご覧のように、ガラス皿に氷ついて、持ち上がってきた。その日は床下からのパイプも少し凍った。それ以来、使わない日のペンションの建物にも弱めに薪ストーブを炊くことにした。突然の訪問者に休憩していただくにも、暖房していないと急には部屋が暖まらない。冷凍庫の中での会話は迎える側も厳しい。
ペンション業務施設の配管工夫の余地あり
ペンションではボイラーを常時炊いているのでお湯が循環するパイプと水のパイプを引っ付け、なぜ、それらを一まとめに保温対策しないのか。ちょっとした工夫が足りない。
我が家では一度水道が凍結して、すぐ床下のお湯のパイプと水道管を一緒にプチプチで撒きつた。そして、零下15度くらいにもなるときは、ボイラーの温度は下げないことにした。それ以来水道管のパイプも凍結なしである。

2 件のコメント:

舘 さんのコメント...

ペンションの維持管理も大変ですね。
放置しておいたら室内でも凍結してしまうというのはびっくりです。
たしかに外気はマイナス10-20度くらいになるのだから、暖房つけておかなければ室内もそれに近づいていきますよね。

gontakuro さんのコメント...

ペンションも毎日使って、そこを生活の場として共用していると、部屋の中で氷ることはないのですが。また、維持管理面からも、経費的にも安く上がりいいのですが。
昔、職住接近と言うのがよいとされましたが、ペンションのように職住同一は私には疲れます。